様々な結婚式の特徴

現代には様々な結婚観があり、生涯を通して独身を貫く人なども存在します。
そんな現代においてもやはり結婚は、人生の重大なイベントのひとつではないでしょうか。
結婚はパートナーと繋がるだけではなく、その家族とも繋がる重要な儀式です。

そうした結婚式だからこそ、どのような種類の結婚式があるのか事前に把握しておくことは大切です。
日本人として抑えておきたい結婚式の種類は3種類あり、神前結婚式、仏前結婚式、教会結婚式となります。
細分化すればこの他にも種類はありますが、大体の場合はこの3つのどれかに当てはまることが多いです。
日本の主要な結婚式のタイプといえば、これら3つを把握しておけばよいでしょう。

まず、日本で最も親しまれているのが神前結婚式で、元々は神社で行われるものでしたが現在はホテルや式場で行われることが多くなっています。
日本固有の結婚式ならではの仕来りやマナーについて把握しておきましょう。
日本にも広く分布している宗教にキリスト教がありますが、新郎新婦のどちらかがキリスト教徒の場合は教会結婚式が適用されることがあります。
さらに、神前結婚式に似た形式のものとして、仏前結婚式がありますが、基本的な流れは神前結婚式の流れと似ているので馴染みやすいのではないでしょうか。

これら主要な3つの結婚式の特徴について、詳細な解説を加えています。